シロアリ対策をするには?駆除後のアフターケアを利用しよう!

専門業者を頼ってシロアリの再発生を防ぐ! 専門業者を頼ってシロアリの再発生を防ぐ!

シロアリ対策は駆除後のアフターケアが肝心

住宅にシロアリが発生したら、専門業者にシロアリ駆除を依頼しますが、その後もきちんとアフターケアを行う必要があります。アフターケアをしないとシロアリが再発してしまう可能性があります。ここでは、アフターケアを行う必要性とその内容について詳しく紹介します。

アフターケアをする必要性

シロアリ被害

シロアリ駆除をした後は、しばらくシロアリが寄り付かなくなります。しかし、永久的に寄り付かなくなるのではありません。住宅がこれ以上ボロボロにならないためにもシロアリの再発は避けたいものです。そこで、シロアリの再発を避けるためにはシロアリ対策が必要です。自分でできるシロアリ対策もありますが、駆除後のアフターケアを受けることで再発を防ぐこともできます。シロアリ対策をするには、アフターケアを受けるのが一番いいでしょう。

これでシロアリ対策は万全!アフターケアにはいろいろな種類がある

家屋調査
家屋調査とは、シロアリ駆除後にシロアリが再発生していないかを確認するための調査です。この調査では、以前シロアリが発生していた場所だけではなく、それ以外のシロアリが好む環境の場所や、雨漏りしていればその部分にシロアリが発生していないかまで確認してもらえます。万が一シロアリが再発生していれば、業者が無償で駆除を行ってくれます。シロアリの再発生は珍しいことではありません。しかし、いつ再発生してもアフターケアがあれば安心できます。
耐震調査
シロアリは住宅の木材を食べて生きています。しかし、倒壊までするのは、何十年も要すると考えていいでしょう。その間には必ず家に異変が起きて、駆除や住宅の修復などをするはずです。また、シロアリは住宅の耐震性に少なからず影響を与えています。大きな地震の後に倒壊した家を調べると、シロアリ被害が大きかった家もあるようです。ですが、住宅によっては経年劣化による倒壊ということも考えられます。住宅の耐震性が心配な場合は、耐震調査をしてもらいましょう。

駆除業者では様々な箇所をチェックしてくれる

シロアリの駆除業者では、駆除をした後に無料でアフターサーケアを行ってくれるところが多いです。そのため、再発してしまっても安心して依頼することができます。しかし、無料のアフターケアではどのような箇所をチェックしてくれるのでしょうか。

アフターケアケアでチェックしてくれる箇所

  • 住宅の外周
  • 床上・床下
  • 玄関周り

まとめ

住宅の外周のチェックは、ひび割れなどからシロアリの被害に遭っていないかをチェックします。そして、シロアリが発生しやすい床下やキッチンなどの水回りも念入りにチェックします。床下は目視だけではなく、湿気がどのくらい溜まっているのか、シロアリの通り道がないかなどを確認します。また、水回りの調査は、雨漏りが起きていないかの確認や家具の隙間なども見てくれます。さらに、玄関もシロアリが侵入しやすい場所になるので念入りに調査してくれます。

TOPボタン